So-net無料ブログ作成
検索選択

新型インフル総括の取りまとめを開始―厚労省会議(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の「新型インフルエンザ対策総括会議」(座長=金澤一郎・日本学術会議会長)は5月28日の会合で、同会議としての取りまとめ作業を開始した。この中で厚労省側が、総論と6つの各論から成る論点案を提示。これに対し出席者からは、スポークスマンの重要性を強調する意見や、国と地域の役割分担を明確にすべきとの指摘があった。

 厚労省側が総論として提示した論点案は、▽政府の意思決定プロセスなどを明確化するとともに、現場の実情を的確に把握し、迅速かつ合理的な意思決定のできるシステムにすべきではないか▽感染症対策にかかわる危機管理を専門に担う組織や人員体制の大幅な強化が必要ではないか―など4点。

 これに対し、神戸大大学院医学研究科の岩田健太郎教授は、国立感染症研究所の体制強化、厚労省との関係の明確化について明記するよう提言。医療ジャーナリストの伊藤隼也氏は、「現在の(厚労省)健康局長の立場では、責任の範囲が広過ぎる。また、すべての責任が(厚労)大臣にあるような報道がなされることもある」とした上で、「感染研との関係があるとは思うが、医師、感染症の専門家として正しい意見を言えるCDC(米国疾病予防管理センター)長官のような立場の人をつくってほしい」と述べ、専門知識を持ったスポークスマンを置くよう求めた。

 また、自治医科大の尾身茂教授は、これまでの総括会議で自治体関係者などが地域への権限移譲を求めていたことを踏まえ、国と地域の役割分担について今後議論することを明記するよう提案した。

 一方、感染研感染症情報センターの岡部信彦センター長は、「論点案を拝見すると、初めて出た問題ではなく、以前からいろんな委員会で提言されていたことだ」と指摘。「これまでいろいろな制約があって行われてこなかったことが、新型インフルエンザで動いたことは確かだが、『新型インフルエンザ』というキーワードがなくなると、また行われなくなるのではないか」との懸念を示した。

■臨床に直結する情報が重要
 各論では、「医療体制」について防衛医科大学校の川名明彦教授が「昨年9月ごろまで、現場の医師に(新型インフルエンザの)臨床像が分からない状況が続いていた」とした上で、「胸部CTスキャンの画像やタミフル、リレンザの効果など、臨床に直結するような情報が現場では非常に重要だった」と振り返った。感染研感染症情報センターの谷口清州第一室長は、学校の臨時休業などの「公衆衛生対策」について、「地方によっては、本人あるいは家族が感染した際には出席停止にしたため、学校閉鎖や学級閉鎖の必要がなかった」と説明し、学校での感染対策を臨時休業に限定すべきではないとの考えを示した。


【関連記事】
新型ワクチンの集団接種を提言―厚労省総括会議
全国一律の対策に批判相次ぐ―新型インフルの「医療体制」を検証
新型インフル対策の検疫、休校で議論―厚労省総括会議
現場の混乱招いた? 新型インフル対策の「広報」で議論
インフル定点が4週ぶりに増加

官民一体の児童ポルノ対策指示=全国少年課長会議で警察庁長官(時事通信)
宮崎頑張れ!義援金や「ふるさと納税」続々(読売新聞)
電通社員 副業でパブ経営 ホステスらの在留資格偽り逮捕 入管法違反容疑 神奈川県警 (産経新聞)
ブランド品300万円相当が盗難 京都(産経新聞)
学生数の公開義務付け=大学・短大に、来年から―文科省(時事通信)

官房長官が徳之島町議と会談へ 首相は「できる限り」と5月決着公約を格下げ(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、平野博文官房長官は12日午後、訓練移転先として政府が検討している鹿児島県・徳之島の地元町議らと鹿児島市内で面会する。同問題では日米両政府がワシントンで12日、外務・防衛当局の実務者協議を行う。政府は地元や米国との調整を活発化させているが、徳之島の3町長は訓練移転にも応じない考えを表明しており、5月末までの決着に向けた糸口はつかめていない。

  [イラストで見る]ポスト鳩山、水面下で“蠢動”次は「小沢」の仰天憶測も

 平野氏が面会するのは、徳之島で最大の人口を持つ徳之島町の町議ら。11日に町議側から「政府側の話を聞きたい」として面会の打診があったという。

 徳之島では4月18日に島民1万5千人(主催者発表)が集まる移設反対の大規模な集会が行われた。今月7日には首相官邸を訪れた徳之島、天城、伊仙の3町長が島民の「民意」として、直接、鳩山由紀夫首相に受け入れ反対を表明。町長側からは首相との今後の再会談を拒む意向も伝えられたが、一部に政府の考え方を聞いた上で受け入れの是非を判断すべきとする意見もある。

 平野氏と町議の会談について、首相は11日、「話を直接、聞いてみようという気持ちを町議の皆さんに持ってもらった。民意の一つを勉強させてもらう機会になればと思う」と期待感を示している。

 これに関連し、首相は12日午前、同問題の決着期限について、「首相としての国民への約束だから、しっかりと5月末までに、私としてできる限りのことはする」と述べた。自ら公約した5月決着を努力目標に格下げしたと受け止められかねない発言だ。首相公邸前で記者団に語った。

【関連記事】
12日、米側に「浅瀬案」正式提示 実務者協議
あまりに軽い…普天間をめぐる鳩山発言の変遷
普天間移設 さまざまな案「断念」の過去
普天間決着先送り 擁護発言続々 亀井氏「引田天功じゃあるまいし」
小沢氏、ルース大使との会談認める 「政治の話一切してない」

高浜4号機で冷却水漏れ=定期検査中、周辺影響なし−関電(時事通信)
強盗 1億3500万円入りバッグ奪われる…千葉・木更津(毎日新聞)
千葉・医療再生の序章(下) ―地域医療を街づくりへ(医療介護CBニュース)
辻食文化賞 奥村彪生さんの著作など受賞(毎日新聞)
「イケメンCA」がエスコート JALが男性ばかりの「こいのぼりフライト」(J-CASTニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。