So-net無料ブログ作成

警察庁長官狙撃 時効成立 国松氏「捜査、不合格だった」(毎日新聞)

 警察トップを狙った95年の警察庁長官狙撃事件は30日午前0時、殺人未遂罪の公訴時効(15年)が成立した。オウム真理教への強制捜査の真っ最中に、自宅マンション前で3発の凶弾を受け、3度心停止しながら生きながらえた国松孝次元長官(72)は29日、毎日新聞の単独取材に応じ、元捜査指揮官として警視庁の捜査を「不合格の捜査」と評し、自ら油断があったと反省した。

【インタビュー動画】「被害者になって初めてわかった」国松元長官が心境を語る

 −−時効はテロに対する警察の敗北だ。

 ◆私も警察も不本意なことだ。ただ、あの事件がきっかけで組織テロに対する警察の対応力は増強された。負けたかと言われればそうではない。命がつながったことで完全な敗北ではない。

 −−しかし、犯人を特定できなかった。

 ◆起訴に足りる十分な証拠を集めることができなかったことは、やはり「不合格」の捜査だった。これから反省、検証してほしい。

 −−拳銃によるテロを想定していたか。

 ◆銃器テロが警察庁長官に向くことは想定しておらず、不覚だった。油断のある警備をしていたと認めなければいけないが、何より自分が油断していた。

 −−事件が迷宮入りすることへの「被害者」としての思いは。

 ◆時効は残念だが、苦労した捜査員にご苦労様と言いたい。

 −−同じ年の7月、女子高生ら3人が射殺された東京都八王子市のスーパー強盗殺人事件の解決を優先するよう指示したのでは。

 ◆そういうことはないが、八王子の事件は処刑されるがごとく殺された残酷な事件だから、未解決では申し訳ない。今、殺人の時効を撤廃する動きがあるので、早く制度を変更してもらいたい。私の事件は無理だが、八王子の事件の時効前に時効を撤廃し、粘り腰で捜査する仕組みに変えてほしい。

 −−狙撃事件の犯人は誰だと思うか。

 ◆「分かりません」と言うしかない。

 −−04年にオウム真理教の元信者4人を逮捕(その後、容疑不十分で不起訴)した際、「オウムの関与が物証で明らかになった」と話したが。

 ◆成果はあったと今でも思っているが、東京地検を納得させる証拠が集まらなかった。

 −−狙撃事件は、自分の中で終わったか。

 ◆被害者にとって絶対に忘れられない。私の場合痛恨というか、不覚をとったという恥ずかしい思いとともに忘れることはできない。

 −−今後の活動は。

 ◆生きたことは、私にとって付録みたいなもの。助けてくれた病院の先生方と、ヘリコプター救急の全国的な普及に努力していく。

【聞き手・大坪信剛】

【関連ニュース】
【未解決凶悪事件の特集】忘れない「未解決」を歩く
【ドキュメント動画】「未解決」を歩く(25)地下鉄サリン事件 高橋シズヱさんの活動
忘れない:『事件』と『逃亡』二重の行為 苦しみを増幅(地下鉄サリン事件)
【ドキュメント動画】忘れない「未解決」を歩く(3)八王子スーパーナンペイ強盗殺人事件
【動画】「遺族に時効はない」世田谷一家殺害の遺族ら会見

【きぼうの未来へ】山崎直子さん初飛行(上)宇宙での生活にこだわり(産経新聞)
福知山線「賠償交渉の会」遺族、安全研究施設の設置要望(産経新聞)
大阪−奈良間 近鉄の臨時イベント列車「文楽列車」運行(産経新聞)
<内閣情報官>三谷秀史氏が退任 後任に植松信一氏(毎日新聞)
「コリラックマ」PC、ビックとソフマップ各店でも販売

<蒸気機関車>ぽっぽー春の音…「SLやまぐち号」出発進行(毎日新聞)

 山口市のJR新山口駅で20日、冬季運休していた蒸気機関車「SLやまぐち号」の出発式があった。同駅と島根県の津和野駅間を結び、今年11月末まで土日、祝日などを中心に計86日間運転する。6月20日までは「ポニー」の愛称で知られる機関車「C56」とディーゼル機関車「DD51」を連結して運行する。

 JR山口線のSLは73年に廃止されたが、沿線市町の強い要望で79年に復活。これまでに192万人を超える鉄道ファンらが利用した。出発式は多くの見物客でにぎわい、家族3人で訪れた山口市吉敷の主婦、津田彰子さん(41)は「SLの音を聞くと春を感じますね」と声を弾ませた。【井上大作】

【関連ニュース】
SL C61形20号機修復へ
JR肥薩線:開通100年 鉄道遺産満喫できる絶景 「SL人吉号」で楽しむ
SL:シュッシュッポッポ、蒸気機関車走る−−秩父鉄道 /埼玉
SL:修復中のC61形を公開−−さいたまでJR東日本 /埼玉
蒸気機関車小写真集を自費出版している、小菅一己さん /京都

<介護福祉士候補>インドネシア人の1割、日本語分からない(毎日新聞)
将来はヴィンテージも 本格派「ノンアルコールワイン」の実力は?!(産経新聞)
普天間、調整難航は確実=岡田外相が28日に訪米(時事通信)
平野官房長官と国民新・下地氏が普天間移設めぐり協議(産経新聞)
フラガールにも不況の波…養成学校が募集見送り(読売新聞)

<太平洋戦争>死者名簿など資料、公文書館に移管へ(毎日新聞)

 厚生労働省内に残る太平洋戦争中の死亡者名簿などの資料を巡り、長妻昭厚労相は19日、戦後70年にあたる15年度までに国立公文書館に移管する5カ年計画の構想を明らかにした。同日午前の閣議後会見で発表した。

 省内には現在、▽戦死した人の死亡年月日や死亡場所、状況を記載した「死亡者連名簿」▽外地に出征した陸軍軍人の現況や内地の連絡先などを記した「留守名簿」▽海軍軍人の履歴を記した「軍人履歴原表」など延べ約2300万人分の資料がある。

 現在は「段ボールに積まれた状態」(長妻厚労相)だが、戦争実態解明につながる資料が含まれている可能性も高いという。【野倉恵】

鳥取不審死の上田被告、2件目強盗殺人罪で起訴(読売新聞)
強風で交通ダイヤが大荒れ 都内ではけが人も(産経新聞)
「事実誤認あるのでは」小林千代美氏、捜査に疑問(読売新聞)
街頭募金詐欺で実刑確定へ 最高裁初判断(産経新聞)
不正経理問題で1700人超処分=知事は減給−神奈川県(時事通信)

<チューリップ>東京・丸の内のオフィス街で8万本が春を演出(毎日新聞)

 東京・丸の内のオフィス街に春を告げるイベント「Tokyo Marunouchi Tulip Fair 2010」が18日、始まった。メーン会場の丸ビル(東京都千代田区)前には、新潟県から取り寄せた2万本のチューリップが並べられ、通行人の目を楽しませた。22日まで。

 丸ビル、新丸ビル、有楽町電気ビル、新東京ビル、丸仲ウォーク、丸の内仲通りなどの各所で、花びらの先端が八重のように重なる「ダラス」や、スタンダードな「オックスフォード」など全8品種、約8万本のチューリップを用意。丸の内仲通りでは1.2キロに及ぶ街路樹に赤や黄色のチューリップが並び、一足早く春を感じさせていた。

 イベントは05年から毎年この時期に開催。丸の内PR事務局の担当者は「都会にいち早く春を届けたいと始めた。オフィス街との意外性を楽しんでほしい」としている。20、22の両日午前11時から、丸ビル、国際ビルなどで、鉢植えのプレゼント(先着順)も行われる。【西村綾乃】

<原口総務相>自殺報道照会「今後、十分に注意」(毎日新聞)
都の高齢者、「支えられる」から「社会を活性化」へ―協議会が最終報告(医療介護CBニュース)
コンビニ店長、路上で売上金63万奪われる(読売新聞)
業過致死容疑で工場長ら書類送検へ 姫路エレベーター事故(産経新聞)
看護師の業務拡大へ=範囲明確化、医療の一部も−検査など想定・厚労省検討会(時事通信)

出資法違反「女相場師」に実刑=高配当うたい主婦ら被害−大阪地裁(時事通信)

 「女相場師」などとうたって多額の株式投資資金を集めたとして、出資法違反罪に問われた無職岩田矩子被告(55)に対し、大阪地裁の出口博章裁判官は18日、「出資者の被害は甚大」として懲役2年8月、罰金200万円(求刑懲役3年、罰金200万円)の実刑判決を言い渡した。
 出口裁判官は、同被告が2001年から約8年間で計約22億円を集め、約2億円は弁済の見込みもないと指摘。「証券取引の損失は拡大の一途をたどったのに、さらに無謀な出資を募って被害を深刻にした」と述べた。 

【関連ニュース】
危ない投資話に注意!=「必ずもうかる」、被害増加-HPで呼び掛け・警視庁
氏名確認せず携帯電話貸す=「090金融」グループに
笹川氏孫名乗り、出資金詐取=「利子30%」とうそ、56歳女逮捕
「食用油販売益で元本3倍」=1億8千万集金、会社会長ら逮捕
「090金融」経営で9人逮捕=80倍金利で利益3400万か

09年度予算、各省で「仕分け」=概算要求に反映−刷新会議(時事通信)
札幌の老人介護施設で出火=入居者7人死亡の情報−北海道警(時事通信)
死亡の男を書類送検=自宅に放火、一家4人死亡−熊本県警(時事通信)
郵便不正公判 証人尋問で取調官「調書“作文”ない」 メモは廃棄(産経新聞)
「トキには愛を」首相が珍しく?指導力発揮 国家戦略を修正(産経新聞)

日教組委員長、政治活動の正当性強調(読売新聞)

 日本教職員組合(日教組)の中村譲委員長は15日、民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)陣営に対する北海道教職員組合(北教組)による政治資金規正法違反事件について、「組合による政治資金規正法違反と教育の政治的中立性は別問題。教職員組合の政治活動が許されないとの議論はまったく誤り」として、日教組の政治活動は正当だと強調した。

 同日、東京都内で開かれた日教組の臨時大会で発言した。

 中村委員長は、北教組が強制捜査を受けたことについては、「大変残念。法令順守の徹底を図る必要がある」とした。ただ、教育公務員特例法を改正して教員の政治活動に罰則規定を設けるべきだとの議論が国会などである点については、「教育に政治的中立性が求められるのは当然だが、罰則規定を設けるのは、(世界人権宣言などの)国際的な常識などを無視した時代錯誤の考え」と批判した。

首相の公邸入居費用、さらに清掃費など280万(読売新聞)
与謝野氏側近、火消し躍起 政権交代目的、舛添氏は同調(産経新聞)
外交文書「30年で公開」、外務省が規則制定へ(読売新聞)
<財団法人解散>駐車場整備推進機構を1年以内に(毎日新聞)
B型肝炎訴訟で全国初の和解勧告…札幌地裁(読売新聞)

<平野官房長官>前年度使用分の機密費情報開示に前向き(毎日新聞)

 平野博文官房長官は12日の記者会見で、官房機密費(内閣官房報償費)の情報開示について「(20〜30年後の公開など)公開の仕方を含めて検討しなければならない。年次が明けたらオープンにすることだって、できるものはしたらいい」と述べ、前年度使用分の開示を前向きに検討する考えを明らかにした。

 平野氏は当初、機密費の情報開示に消極的だったが、鳩山由紀夫首相が国会答弁などで機密費の透明性を高める意向を表明していた。平野氏は今後、開示の方法を検討する意向を示した上で「国益のために秘匿しなければならない場合もある。オープンにできないものはしない」とも語った。【横田愛】

【関連ニュース】
高校無償化:朝鮮学校は法成立後に結論 平野官房長官
公明:民主と修正協議へ 子ども手当て法案など
官房長官:鈴木宗男議員に質問主意書の取り下げ求める
シュワブ陸上案:「決議を超えてやるケースも」官房長官
普天間:官房長官と米大使 会談で「トラスト・ミー」応酬

文化庁、国宝展示に難色=カビ発生の新潟市美術館(時事通信)
<普天間>移設先「ゼロベースで」 鳩山首相、改めて強調(毎日新聞)
<鳩山首相>支持率回復への改造否定(毎日新聞)
水族館で初!55年で5555万5555人(読売新聞)
<カネミ油症>民主、被害者救済の法制化を検討(毎日新聞)

防災無線アンテナ誤撤去、津波警報聞けず…高知(読売新聞)

 チリ地震による津波が太平洋沿岸で観測された2月28日、津波警報が出されていた高知県東洋町で、県が委託した工事業者が町の防災行政無線のアンテナを誤って撤去し、町が警報や避難勧告などを放送できなかったと、県が4日発表した。

 町民の約9割の約3000人が放送を聞けず、避難所にいた町職員が気づき、町が消防団に依頼し車両で巡回して伝えたという。県は町に謝罪する。

 県によると、業者は2月28日朝、町役場屋上に設置された県の古い無線アンテナを撤去する予定だった。ところが、形状が似ていた町のアンテナが敷地内にあり、取り違えたという。

 同町は、同日午前9時33分に発令された津波警報を受け、同日午後1時〜午後7時5分、1900人に避難勧告を出していた。

学習院が会見「直接暴力行為はなかった」(産経新聞)
覚せい剤使用目的を示唆=JAYWALK中村容疑者−警視庁(時事通信)
<訃報>篠原晃さん89歳=元電気化学工業社長(毎日新聞)
<普天間移設>官房長官が沖縄知事と会談「県外も検討」(毎日新聞)
予算案が衆院通過、年度内成立が確定(読売新聞)

首相動静(3月7日)(時事通信)

 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前10時14分、公邸発。同17分、東京・永田町の日枝神社着。幸夫人、長男紀一郎さんらとともに孫の宮参り。
 午前11時4分、同所発。同7分、公邸着。
 午前11時53分、公邸発。同59分、東京・虎ノ門のホテルオークラ着。同ホテル内の中国料理店「桃花林」で、親族らと食事。
 午後1時54分、同ホテル発。
 午後2時25分、東京・谷中の谷中霊園着。幸夫人とともに故一郎元首相の墓参り。同30分、同所発。
 午後2時53分、公邸着。
 8日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

<遭難>73歳男性ら4人迷う 宮城・山形の船形山(毎日新聞)
はしかワクチン、接種低迷=新型インフル余波か−09年患者激減、「排除」へ正念場(時事通信)
鳩山首相、北教組の不正資金提供は「特殊なケース」(産経新聞)
被災地の邦人26人無事、残るは7人…チリ地震(読売新聞)
女子高生につきまとい容疑、警部補を逮捕(読売新聞)

<掘り出しニュース>ばんそうこうで健康管理システム 血圧から気温まで(毎日新聞)

 【兵庫】ばんそうこう型の器具を体に装着するだけで、血圧や体温などを計測し、家族や病院にデータを無線で送信する健康管理システムの開発に、県立大大学院工学研究科の前中一介教授(電気系工学)を中心としたグループが取り組んでいる。一人暮らしの高齢者や生活習慣病の患者が増える中、人体に負担なく、体調を常時把握できる技術で、完成すれば世界初。今年度で基礎技術の開発を終えており、12年度の完成を目指す。【大沢瑞季】

 尼崎市中小企業センターでこのほど開かれた県立大のフォーラムで公開された。開発しているのは、横6センチ、縦2センチのばんそうこう型の器具で、胸や腕などに張り付ける。超小型センサーなどの技術を持つ前中教授が「付けていることを忘れるようなものにしたい」という思いから、ばんそうこう型を思いついた。

 血圧や体温、脈拍、発汗などの人体データだけでなく、日照や気圧、温度、湿度、騒音などの環境データも測ることで、寝たきりになっていないか、階段から転んでいないかなど、置かれた状況も把握する。約10のセンサーを厚さ1ミリ以内に収める予定だ。

 素材は、皮膚の伸びにも対応し、蒸れないようなシリコン樹脂を使い、着けたまま風呂に入ったり、運動できるものを目指している。センサーが計測したデータは、無線で基地局を経由して福祉施設や病院、家族宅などのパソコンに送られる。異常があれば、警報が鳴り、救助に駆けつけることができる。また病気の兆候を発見し、早期治療に結びつけることもできる。

 将来は大量生産することで、1個100円程度で流通させたい、という。前中教授は「人体を常時観測したデータが蓄積されれば、流行疾患の把握など、新しい研究にも役立つ」と話していた。

<母殺害>一転起訴 懲役10年判決 東京地裁(毎日新聞)
<北教組事件>小林千議員に進退論も「次々と大波」(毎日新聞)
<林忠彦賞>岩手の小栗さんに (毎日新聞)
<行政書士>警視庁が監視強化 外国人の不法就労助長(毎日新聞)
鳩山・小沢会談が終了(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。