So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

<覚せい剤使用>千葉県警佐倉署の警部補を起訴 東京地検(毎日新聞)

 東京地検は25日、千葉県警佐倉署の警部補、佐藤祐介容疑者(49)を覚せい剤取締法違反(使用)で起訴した。起訴状などによると、佐藤被告は09年12月8日ごろ、同県佐倉市に駐車中の車内で、知人の女(43)に依頼して覚せい剤の水溶液を佐藤被告の腕に注射させ、使用したとされる。処分保留としていた所持容疑は起訴猶予とし、知人の女については同法違反(共同使用)で起訴した。【伊藤直孝】

【関連ニュース
赤坂晃容疑者:覚せい剤を使用した罪で起訴…千葉地検
田原成貴元騎手:大麻所持で有罪 京都地裁判決
大麻所持容疑:「無職少年からもらった」逮捕の中学生供述
覚せい剤:10キロ押収 2容疑者逮捕 警視庁
大麻所持容疑:中2少女ら逮捕・補導 兵庫県警

小沢問題「もっと怒りを」社民地方組織突き上げ(読売新聞)
首相動静(1月27日)(時事通信)
<原口総務相>小沢氏の参考人招致「必要だ」(毎日新聞)
【いま、語る関西人国記】梅南鋼材社長 堂上勝己さん(57)(2)(産経新聞)
処方薬、検出成分と一致=走行記録、販売日誌も分析−状況証拠重ね立件・鳥取県警(時事通信)

<覚せい剤所持>名古屋地裁が無罪判決 第三者の可能性指摘(毎日新聞)

 覚せい剤を所持していたとして、覚せい剤取締法違反の罪に問われた北九州市の男性被告(36)の判決公判が26日、名古屋地裁であり、村瀬賢裕裁判官は「警察か警察以外の第三者が車内に覚せい剤を入れた可能性を否定できず、合理的疑いが残る」として無罪(求刑・懲役3年6月)を言い渡した。

 男性は08年9月、名古屋市南区内の駐車中の乗用車内で覚せい剤0.028グラムを所持していたとして、09年3月に起訴された。男性の弁護人によると、男性は08年9月14日深夜に駐車中の車内で職務質問を受けたが、車を置いて逃走。車は愛知県警南署が押収、同24日まで保管していた。

 検察側は公判で、24日に車内を捜索したところ、助手席の収納ボックスと、たばこの箱の中から覚せい剤が入った袋が見つかったと主張。弁護側は、男性が職務質問される前に覚せい剤を使用していたことを認めた上で「覚せい剤を使い切っており、車内から見つかることはあり得ない」「14日の時点で車内を調べないのは不自然。24日までの間に警察か第三者が覚せい剤を入れた疑いがある」と無罪を主張していた。【式守克史】

 ▽玉岡尚志・名古屋地検次席検事の話 予想外の判決であり、判決内容を検討し、適切に対応したい。

【関連ニュース
大麻所持:ネパールで日本人容疑者逮捕 搭乗図る
覚せい剤使用:千葉県警佐倉署の警部補を起訴 東京地検
赤坂晃容疑者:覚せい剤を使用した罪で起訴…千葉地検
覚せい剤:10キロ押収 2容疑者逮捕 警視庁
覚せい剤使用容疑:警部補が認める供述 警視庁

谷垣総裁側近の2人がベテラン議員処遇で対立 (産経新聞)
聴覚障害裁判員候補 手話通訳の手配怠る(産経新聞)
<伊方原発>「耐震安全性評価は妥当」…国の原子力安全委(毎日新聞)
ビル陰対策が課題=地デジ完全移行まで1年半(時事通信)
外国人参政権 赤松氏「『公約だ』は個人の約束」(産経新聞)

<いじめ訴訟>病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し(毎日新聞)

 広島市立中学に通っていた際に同級生から受けたいじめで統合失調症になったとして、鳥取県に住む男性(21)が広島県や市、当時の同級生らに1100万円の賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(甲斐中辰夫裁判長)は21日、330万円の支払いを命じた2審・広島高裁判決(08年10月)を破棄し、審理を差し戻した。差し戻し控訴審では賠償額が増やされる見通し。

 2審判決によると、男性は同級生から首を絞められたり文房具を壊されるなどのいじめを受けて不登校になり、02年11月に統合失調症と診断された。2審判決は、いじめと発症との因果関係を認めたうえで、いじめと発症それぞれの精神的苦痛に対する慰謝料を計1000万円と算定。「いじめがなくても発症した可能性がある」と7割を減額した。

 小法廷は、判例を踏襲し「発症に対する慰謝料に限定せず、いじめに対する慰謝料まで減額した2審の判断は誤り。改めて審理を尽くす必要がある」と指摘した。【銭場裕司】

【関連ニュース
学校調査:児童・生徒の暴力行為は過去最多
沖縄・中2死亡:いじめの可能性 保護者が今春相談
防ごう!ネットいじめ/1 子どもに広がる被害
講演会:「インターネットと人権」テーマに−−名張・南中学校 /三重
定時制高校:さいたまで16日に説明会 生徒ら「良さ」語る /埼玉

「就活くたばれデモ」東京でも開催 2ちゃんとグーグルが学生をつないだ(J-CASTニュース)
大麻譲渡容疑でラッパー逮捕=女子中学生の供給源か−兵庫県警(時事通信)
「ミスさっぽろ・雪の女王」に清沢、菅野さん(読売新聞)
「改善不十分」14校を指名=法科大学院の状況調査−中教審特別委(時事通信)
犬に「住民票」発行 東京・板橋区(産経新聞)

常総線踏切で列車と衝突、軽乗用車の女性けが(読売新聞)

 22日午前7時40分頃、茨城県常総市山口関東鉄道常総線三妻―南石下駅間の踏切で、水海道発下館行き普通列車(1両)が軽乗用車と衝突、軽乗用車を運転していた同市内の女性会社員(25)が首や腕を打ち軽傷。列車の運転士と乗客32人にけがはなかった。

 常総署の発表によると、踏切に遮断機や警報機はなく、女性が列車に気付くのが遅れたか、気付かないまま踏切を横断しようとしたとみて、原因を調べている。

 この事故で、同線は水海道―下妻間で約2時間運転を見合わせ、乗客約500人に影響が出た。

国技館あるから「よこづな」?いいえ「よこあみ」(読売新聞)
財政出動の継続を確認=鳩山首相とIMF専務理事(時事通信)
<国会>衆院で各党が代表質問 野党が「政治とカネ」を追及(毎日新聞)
「負けに不思議の負けなし」=ノムさん、自民党大会で辛口分析(時事通信)
官房長官、検察リーク「あるような気が…」(産経新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。