So-net無料ブログ作成

官房長官が徳之島町議と会談へ 首相は「できる限り」と5月決着公約を格下げ(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、平野博文官房長官は12日午後、訓練移転先として政府が検討している鹿児島県・徳之島の地元町議らと鹿児島市内で面会する。同問題では日米両政府がワシントンで12日、外務・防衛当局の実務者協議を行う。政府は地元や米国との調整を活発化させているが、徳之島の3町長は訓練移転にも応じない考えを表明しており、5月末までの決着に向けた糸口はつかめていない。

  [イラストで見る]ポスト鳩山、水面下で“蠢動”次は「小沢」の仰天憶測も

 平野氏が面会するのは、徳之島で最大の人口を持つ徳之島町の町議ら。11日に町議側から「政府側の話を聞きたい」として面会の打診があったという。

 徳之島では4月18日に島民1万5千人(主催者発表)が集まる移設反対の大規模な集会が行われた。今月7日には首相官邸を訪れた徳之島、天城、伊仙の3町長が島民の「民意」として、直接、鳩山由紀夫首相に受け入れ反対を表明。町長側からは首相との今後の再会談を拒む意向も伝えられたが、一部に政府の考え方を聞いた上で受け入れの是非を判断すべきとする意見もある。

 平野氏と町議の会談について、首相は11日、「話を直接、聞いてみようという気持ちを町議の皆さんに持ってもらった。民意の一つを勉強させてもらう機会になればと思う」と期待感を示している。

 これに関連し、首相は12日午前、同問題の決着期限について、「首相としての国民への約束だから、しっかりと5月末までに、私としてできる限りのことはする」と述べた。自ら公約した5月決着を努力目標に格下げしたと受け止められかねない発言だ。首相公邸前で記者団に語った。

【関連記事】
12日、米側に「浅瀬案」正式提示 実務者協議
あまりに軽い…普天間をめぐる鳩山発言の変遷
普天間移設 さまざまな案「断念」の過去
普天間決着先送り 擁護発言続々 亀井氏「引田天功じゃあるまいし」
小沢氏、ルース大使との会談認める 「政治の話一切してない」

高浜4号機で冷却水漏れ=定期検査中、周辺影響なし−関電(時事通信)
強盗 1億3500万円入りバッグ奪われる…千葉・木更津(毎日新聞)
千葉・医療再生の序章(下) ―地域医療を街づくりへ(医療介護CBニュース)
辻食文化賞 奥村彪生さんの著作など受賞(毎日新聞)
「イケメンCA」がエスコート JALが男性ばかりの「こいのぼりフライト」(J-CASTニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。