So-net無料ブログ作成
検索選択

改正雇用保険法が成立=非正規、失業給付受けやすく(時事通信)

 政府提出の改正雇用保険法は、31日の参院本会議で民主、社民、国民新の与党3党と公明、共産両党などの賛成多数で可決、成立した。同法は週20時間以上勤務するパートら非正規社員が失業給付を受け取りやすくするため、雇用保険の加入要件である雇用見込み期間を、「6カ月」から「31日」に短縮。新たに255万人が受給対象になる見込みで、4月1日に施行する。
 また、厚生労働省は同法の成立を受け、失業給付に充てる雇用保険の料率(労使折半)を4月1日付で、賃金の0.8%から1.2%に引き上げる大臣告示を出す。これにより、月収30万円の労働者の場合、負担額は月1200円から1800円に増える。 

【関連ニュース
雇用保険法改正案、衆院通過
求職者支援の恒久化検討=給付額、対象者を議論
施政方針演説要旨
施政方針演説全文
2次補正予算が成立=「二番底」回避を期待

<独禁法違反容疑>ジョンソン・エンド・ジョンソン立ち入り(毎日新聞)
「主流になれず決心」=与謝野氏の自民離党で−中井防災担当相(時事通信)
<北九州社長殺害>頭を殴られ絶命後に火 司法解剖の結果(毎日新聞)
園田氏、新党結成へ決意(時事通信)
電車内で痴漢行為、警視庁警部補を現行犯逮捕(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。